パパとママの不妊治療記〜らぎゅたもね!〜

妻と猫(ラグドール♂)を愛するアラフォーおやじの不妊治療記です。

*

病院での誕生日会、現在の様子など

   


病室での誕生日会

8月はママの誕生月だったのですが、入院となってしまったので、病室にて誕生日会を行いました。

あらかじめ注文していたケーキとお花と温かい飲み物を持って行ったところ、とても喜んでくれました。

らぎゅたが参加できなかったのはとても残念ですが、ママと息子と3人でお祝いすることができ、とても幸せな時間を過ごすことが出来ました。

来年は、お腹の赤ちゃんを含めた5人でお祝いできるといいなぁと思います。

お誕生日おめでとう!

 

現在の様子(9/5)

安静にしていることもあり、ママのお腹の調子は良いのですが、点滴を24時間絶えず行っているので、腕が痛いらしいです。

またずっと薬剤を入れていると血管に負担がかかるので、同じ場所での点滴は何日かしかできないらしく、その都度刺し替えをしなければいけないようです。

何度も刺し替えをしていると刺すところが無くなってくるらしく、血管をローテーションしなければいけない状態になり、痛んだ血管が回復しきっていないこともあり、とても痛いと嘆いていました。

点滴をしているからお腹の張りは良くなっているのですが、腕が痛くてそれがストレスになっているようです。早く良くなって点滴から開放されることを祈ります。

幸い母子共に状態は良好で、この調子が続けば、9月の中旬には退院できるそうです。

またエコーの結果、赤ちゃんに子宮だと思われる穴が確認できたらしく、女の子で間違いないようです。

また体重も2,000グラムほどあるらしく、順調に育っているとのことでした。頭は大きめで胴回りは細めとのこと。

あと1ヶ月とちょっと無事に進みますように。

 

入院生活はやはり退屈なようでママの作品が増えました。

 


 - 第二子妊娠後 , , , ,