パパとママの不妊治療記〜らぎゅたもね!〜

妻と猫(ラグドール♂)を愛するアラフォーおやじの不妊治療記です。

*

我が家の不妊治療(妊活)状況について・・リプロに出会うまで

      2015/08/20


現在私たちは大阪にあるリプロダクションクリニック大阪に通院しています。
それまでは地元のクリニックで人工授精を10回ほど行っていました。10回もの人工授精を行って駄目だったにもかかわらず、クリニックの先生は次回も人工授精をやる前提でお話をされました。
私たちは本当にこれでいいんだろうかと思っていて、ママは少し気が滅入ってしまっていました。
ふとある日、「CREA2013年11月号」を読んでいたら、リプロの記事が目に付きました。
当時、開院して1年ほどの新しいクリニックでしたが、「男性と女性が一緒に診察を受けられる」という記事の内容を見て興味を持ちました。
「本当に大丈夫なの?」と警戒心の強いママを説得し、ちょうどその時、劇団四季のミュージカルが上演していたので、それのついでということで受診してみました。
地元のクリニックに言いにくかったので紹介状も何も無しで飛び込み受診しましたが、スタッフの方は親切ですんなり診察を受けることが出来ました。
その日に携帯のメルアドの登録を行い、呼び出しのシステムなどを知りました。地元のクリニックのアナログ診察だったので、リプロのスマホに予約~診察~会計までの連絡が来ることにとても驚いたことを覚えています。
そこからは、前述のとおり、精索静脈瘤が見つかり、採卵し、体外受精をし、現在4回目の判定待ちとなっています。
当時に比べると、とても患者さんが増え、待ち時間がとても長くなってしまいましたが、I先生やM先生の腕や人柄に惹かれてくる人は多いでしょうから、まぁ仕方が無いかなと思って待っています。
また、ここは私たちが通っていた地元のクリニックのようにお産の方がいないので、同じ目的の人がこんなにたくさんいるんだなぁと少し心強くなります(不謹慎ですが^^:)。
しかし、やはり遠方(まだ北陸からなので恵まれてるほうだとは思いますが。)から通うことになるので、お金の負担が大きくのしかかってきます。
次回は交通費や体外受精などお金にかかるお話をさせていただきたいと思います。
帰ってくるとこんな感じでゴロンとお出迎えしてくれます^^


 - 不妊治療