パパとママの不妊治療記〜らぎゅたもね!〜

妻と猫(ラグドール♂)を愛するアラフォーおやじの不妊治療記です。

*

妊娠38W3D~無事、長男を出産いたしました!~

   


予定日より早い突然の破水。

この日は金曜日ということもあり、ママとディナーに出かけ、帰ってからいつものようにテレビを見て、お風呂に入ろうかという時でした。

ママがお風呂前にトイレに入ったら、ママから「破水したのかも?」という言葉が。

え?予定日よりかなり早いよね?と、びっくりしましたが、ママにトイレを見せてもらうと、おしっこにしては濁ったものが出ていました。

症状はこれ以外に無く、ママは全然大丈夫とのことでしたが、破水なのかどうかわからなかったので、とりあえず病院に電話をして聞いてみることにしました。

電話で症状を説明すると、一度来てくださいとのこと。

もし破水していたら入院になるとのことで、以前から用意していた入院セットを持って病院へ行きました。

着くとすぐ対応してくれてやはり破水しているとのことでした。

すぐさま入院となりましたが、助産師さんから「(出産は)明日くらいですかね~。今日は(私は)帰って休んでくださいね~。」と言われました。

その後病室へ移り、荷物の準備をしていたところで、ママに陣痛らしき症状が出てきました。

とても痛いとのことで助産師さんに連絡したところ、「子宮口が開いているかどうか見てみましょうね。」と見てもらったところ予想よりも進んでいたらしく、そのまま陣痛室へと移動になりました。

 

長い陣痛との戦い

陣痛室に移ってからは、陣痛との戦いで、辛くなったり治まったりの繰り返しでした。

突然の状況変化でしたので、帰ることはできず、そのままママについていることにしました。

ママがとても辛そうにしていたのでママの背中をさすったり、水分をとってもらったり、励ましたりしていました。

そうこうして3~4時間した後に、いよいよ子宮口が開いてきたらしく、分娩室への移動となりました。

 

分娩室に移動。出産へ

分娩室に移動した後は、さらにママの声が辛そうになり、今度は陣痛に耐えるのではなく、赤ちゃんを押し出すいきみをすることになります。

この時のママは本当に辛そうでした。

私も立ち合いをしている以上、記録に残しておこうと携帯電話を持ってきていましたが、いたたまれなくてとても撮影する気分になれませんでした。

ここでも変わらず励ましたりして見守ることにしました。

幸い分娩室に入ってから出産までの時間はそれほど長くはなかったので、それはよかったと思います。

隣の部屋でも分娩の妊婦さんがいたらしく、辛そうな大声がこちらまで届いていました。

ママの頑張りの甲斐あって、分娩室に入ってから1時間ほどで出産することができました。

辛そうにしているママには申し訳なかったですが、出産の瞬間だけは撮影させてもらいました。

2016-05-28 06.03.07

やはり出産の瞬間は感動的で幸せで、すばらしい時間でした。

母子ともに健康でママもとても幸せそうで、やりとげたといういい顔をしていました。

本当にママに感謝しました。「がんばって産んでくれてありがとう。」と

それからたくさん赤ちゃんを撮らせてもらったり新生児室へ移る前に抱っこさせてもらったりしました。

改めて父親になったと実感できる瞬間でした。

分娩室にあったボードをパシャリ。ママの出産までの記録です。頑張りました!

2016-05-28 07.48.43

 

出産後

出産後は、分娩時に切開したところの縫合をして1時間分娩室にて様子を見た後に病室に移りました。

分娩室での1時間はお互いの労をねぎらいあい、とても幸せな時間を過ごすことができました。

ママがすごく強く、優しく、愛しいと感じました。

部屋に戻った時には朝の9時前で眠気が急に襲ってきました。ここまで徹夜したのは久しぶりだからね~

少し病室で話をして、いったん仮眠をとってまた来ると伝えて帰宅しました。

家に帰ってシャワーを浴びて11時ころに布団に入り、14時30分に目覚ましをかけましたが起きたら15時すぎてました^^;

 

両親もとても喜んでくれました。

起きてすぐ両親に連絡したところ、両親と姉が喜んで飛んできてくれ、合流して一緒に病院へ行きました。

病院の新生児室前で赤ちゃんを見ることができみんな笑顔で喜んでくれました。

お風呂に入れてもらって服を着せてもらっていたわが子は、とてもかわいかったです。

 

2016-05-28 17.01.59 (2)

 

人生で忘れられない日となりました。

平成28年5月28日は自分の人生の中でも忘れることのできない素晴らしい日になりました。

病院の助産師さん、先生、その他のスタッフの皆さんには本当にお世話になりました。

また、頑張って産んでくれたママ、産まれてくれた赤ちゃんに感謝です。本当にありがとう。

実際に産まれてから、ちゃんと育てられるかどうか不安でプレッシャーも感じていましたが、ママが「一緒に頑張って育てていこうね。」と言ってくれてすごく楽になりました。

このママと一緒ならどんなに大変でも頑張っていけるかなと思います。

これからもよろしくお願いします^^

 

このブログも続けていきますので変わらずよろしくお願いします^^


 - 妊娠陽性判定後(H27.10~) , ,